太田の焼きそば 

中島飛行機から現在の富士重工業にいたるまで、日本を代表する工業の町として栄える太田。一見無関係に思えるこの工業が、太田に焼きそばを根付かせる基となりました。

太田市に焼きそばが広まったのは戦後。ラビットスクーターやスバル360などのヒット商品を生み出していた富士重工業や関連会社には、東北地方から多数の人が出稼ぎに来ました。東北には古くから焼きそばが存在し、その中には、現在も焼きそばの街として名乗りをあげている秋田県横手市があり、この人達が太田にやきそばを持ち込んだのでは、とされています。またヤキソバは、安くてボリュームがあり、汁が無いのでのびることがなく、いつでも気軽に食べられるところが、工場で働く人達に受け入れられた要因でもあるのでしょう。昭和20~30年代には、『子育て呑龍』で知られる大光院の参道に、屋台をはじめ数多くの焼きそば屋があったそうです。

太田市観光協会が中心となり、焼きそば街太田を全国にPRしようと、平成14年10月28日に『上州太田焼きそばのれん会』が発足しました。会の主な活動内容は、やきそばマップの作成、イベント出店による太田市のPRです。会員数は現在60余名です。また、全国に3つしかない『焼きそばの街』秋田県横手市・静岡県富士宮市・群馬県太田市が、三国同麺を結んで、交流も盛んにおこなわれています。

【上州太田焼きそばのれん会】やきそば散歩道より
2010年7月版より
(太田市内の焼きそば店に置いてある無料パンフレットから)

    

このページの先頭

TOPへ戻る